爺さんは

0

     

    一雨ごとに少しずつ温かさを感じ、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

     

    昔話・・・それは古人からの教え・・・先日、日本昔ばなしの声優『市原悦子』さんが

     

    亡くなられたことは記憶に新しく語り部を失った喪失感たるや著しいものがございます。

     

    今回は敬意を払いつつ昔話風でお届けいたします。

     

     

    『婆さんは川に洗濯へ、爺さんは山へ芝刈りに・・・』・・・

     

    若干違っているような気はしますが。 良しとしてお聞きください(笑)

     

    その一節となります爺さん(かずのり)は芝刈りへ行ったのでありました!

     

     

    爺さんは久方ぶりの芝刈りじゃ。

     

    場所は山を越えた群馬県の奥地某芝刈り倶楽部じゃて

     

     

    予報では雨と聞いておったが、曇りの天候じゃ。 隣の翔んで埼玉県は朝から雨が降り

     

    凍える天候と聞いておる。 晴れ爺の面目躍如じゃて ♪

     

    みなは3月中旬に行われる福食芝刈り大会に向け本気度まっくすじゃ!

     

    ついて早々、みなは芝上で玉っころがし

     

     

    今回は、せんむどんに、ひーどん、とみぃどんとの芝刈り会であったのじゃ〜。

     

    当の爺は、、、

     

     

    朝から真っ黒な泡の液体をぐびんぐびんと飲むのじゃった ♪

     

    爺は勢いを増し、女中さんへ『次はいもちょーちゅーのお湯割りをいただこうかの〜!』

     

     

    気前の良い女中さんは濃い濃い〜いもちょ―ちゅーを出してくれるのでありました。

     

    一人花咲爺ぃ。 そこらじゅうに花を咲かせます  🌸ヾ(´∇`。*)ノ サカセマショー

     

    猥談の花を(爆)

     

    爺は幾分の心配を拭えず、砂場で遅らばせながら玉っころ打ち演習を始めるのじゃった

     

     

    玉っころの上を打ったり、、、玉っころの下を打ったり、、、

     

    自分の玉っころ・・・(笑)  こりゃ失礼(秘)

     

    まさに、うさぎとかめ・・・のうさぎ・・・

     

    時すでに遅しじゃ。

     

    みなは順調に芝刈りを

     

     

    爺は途中で前向きになるも・・・

     

    飯時・・・再び黄色い泡の液体をぐびんぐびんと飲むのじゃった

     

     

    その後も再び女中さんへ、いもちょーちゅーを注文し・・・

     

    結果は言うまでもなく・・・

     

    惨敗じゃ。。。

     

     

    何事も準備を怠りなく、欲にかられるな・・・古の方々からのありがたい伝えであります。

     

    怠り、、、欲にかられる爺さん、、、今一度自身を見つめ直します(汗)

     

     


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM